ブログトップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

カワサキ ZRX1200DAEG ビキニカウルの傷修理

こんにちは(゚∀゚≡゚∀゚)

カワサキZRX1200DAEGのビニキカウルをお預かりしました

最近バイクネタばっかりです、車の内装とかですと短期のお預かりで済む場合が多いのでつい写真を忘れてしまいがちw

傷も小さいのでパテ埋めしたら再塗装

仕上がりやご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

BMW X5 ステアリングの擦れ・色落ち

こんにちは(゚∀゚≡゚∀゚)

BMWX5のステアリング補修をご依頼いただきました( ・ω・)

ステアリング一部分が剥がれて色落ちしてます。ある程度距離乗っていると仕方がないですね( ´Д`)

車内をマスキングのち、下地を作って再塗装します

仕上がりやご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

カワサキ ZZ-R1200 カウル割れ・傷の修理

こんにちは(゚∀゚≡゚∀゚)

カワサキZZ-R1200のカウルをお預かりしました。

アッパーはコナゴナ、他もあちこち傷だらけひびだらけ。

ヒビ部分には糸鋸を通してバリを取り除きます

下地をちまちま作っていきまして

塗装して完成です。

ステッカー類は手に入るか不明なので、多少キズありますが残しています。もしステッカー類が手に入るようであればその上から貼ればOKです。そのあたりはお客様にお任せしております。

仕上がりやご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

ルノー カングー 純正スチールホイールの剥がれ塗装 厚木市のお客様

こんにちは(゚∀゚≡゚∀゚)

ルノーカングーの純正スチールホイールをお預かりしました

知人の方から頂いたそうです。あちこち下地が出てますが、ぺろんと剥がれた感じではなく塗装の境目に段差はありません。磨きすぎてしまったんでしょうか?( ・ω・)

黒い下地を埋めるため一旦グレーに塗装のち、シルバー塗装、純正っぽく半艶クリアに塗装します。

仕上がりやご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

ヤマハTZR250 3MAカウル割れ・傷の修理 川崎市のお客様

こんにちは(゚∀゚≡゚∀゚)

ヤマハTZR250のカウルをお預かりしました。サイドカウルの2点です。

左は主に後端のステー欠け、右はヤマハの文字中心にキズ多めです。

後端のステー部分はコナゴナなのでちまちま作っていきます。

塗装して取り付け

さてさて右カウルは。傷多めです。目立つところではヤマハの文字など。

ステッカーの上にクリア吹いて無理矢理塗装します(*´∀`*)

仕上がりやご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

岩田コンプレッサー sp22p オーバーホール続き

前回、ピストンリング交換して吸気ヘッド内の清掃とガスケット交換したコンプレッサー

残る課題は

圧力スイッチの動作がおかしい(´・ω・`)

スイッチONでモーター動作→OK

設定圧力で停止→OK

再起動→NG、スイッチOFF ONすると再起動する。

圧力下がった時のスイッチがプレートを押し切れておらず再起動できてない模様。古いものなので交換しちゃいましょう!といっても同じモデルなんぞないので新品中華製を無理矢理つけます( ゚д゚ )

sp22pの場合は始動用の接点・タンク本体・満タン時のエア抜くレリーズバルブが繋がってればOKなので

本体は問題無く着くのですが、レリーズバルブの形状や位置など合いません(´・ω・`)

レリーズバルブに無理矢理ダイス切って1/8からホース繋げます

本体側は1/8なので変換とホースアダプタだけで問題なく接続

ちょっとみっともないですが、この辺はそのうち綺麗にまとめます(*´∀`*)とりあえず始動OK充填OK再起動OK

2021年1月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : catstraddle

岩田コンプレッサー SP22Pのオーバーホール

ヤフオクで格安入手して無料お届けまでして頂いたエアコンプレッサー

空気は溜まるのですが少々問題がありました( ´Д`)たぶん30年くらい前のものなので完調なわけないのは承知しておりますが、ちょっと手直し必要なようです。

大きな問題点は2点

・4気圧くらいからエアが貯まるスピードが急激に落ち、6気圧以上はどうやっても貯まらない。

・再起動圧力を低く調整しても再起動しない。再起動圧力以下の時にスイッチOFF/ONすると再起動する。

恐らく吸気ヘッド周辺と、圧力スイッチに問題を抱えているようです( ´Д`)

コンプレッサーなんぞバラした事は無いんですけども、とりあえずバラしてみますと

汚ねえ!!!

なぜコンプレッサーなのにそのへんのエンジンより汚いんだ!?30年モノ恐るべし。吸気ヘッドがカーボンだらけだったので、スチームクリーナーにエンジンクリーナーを投入してゴシゴシ。なるほど吸気ヘッドの汚れでバルブがちゃんと閉まらなくったのかー

と思いきや。

やばいピストン出てきました( ゚д゚ )

もう部品なぞでないでしょうし、修理にお金かける気もないので

ガリガリの表面を適当に磨いて、65ミリの中華ピストンリングを装着。中華ピストンも同じサイズであったのですが、どーにもピストンピン径が違うようなのでやめました。

ガスケットも救出

汎用シートでコピーして作ることにしましたけど、1番下のガスケットはオイル塗れでダメになってしまいましたのでテキトーに作ります( ´Д`)

吸気リードバルブのカシメが一個外れてましたが、適当にネジをぶち込みました(`・ω・´)

そーいえばエアクリーナーも一個無いんだったw

修理の結果、80Lタンクの6気圧まで10分くらい掛かってましたが、修理後は9気圧まで2分になりました(・∀・)やっほう。

圧力スイッチ編に続く

2021年1月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : catstraddle

ドゥカティ748R テールカウルの削れ修理と塗装 宮城県のお客様

こんにちは(゚∀゚≡゚∀゚)

ドゥカティ748Rのテールカウル修理をご依頼いただきました。

ヒビはありませんのでパテ成形・下塗り・塗装を行います。

さてここから

よーーく見るとブロンズのラインが入ってますのでここを仕上げて完成です。

仕上がりやご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

バイクのカウル割れ・傷・ステー折れ修理 VT250F 横浜市のお客様

こんにちは(゚∀゚≡゚∀゚

ホンダVT250Fのカウルを修理のためお預かりしました

お預かりしたのは

アッパー右 アッパー左 サイドカバー

なぜ同じ形状のカウルが!?と思われるかもしれませんが、アッパーのステーがかなりの量欠損しておりまして。お客様がドナーとしてヤフオクで落としたジャンクのカウルをお持ち込み頂きました(`・ω・´)

上の写真、ピンクのマスキングテープの箇所がステー欠損している部分です・・が。

アッパーカウル。ほとんど残りがありません・・。後端の部分は両方無いし(`;ω;´)移植したところで若干のズレも出ますし、無い部分は・・私の想像で作ります( ゚д゚ )よって取り付けされる際はお客様で工夫してされて下さいw特に想像で作った部分は

ドナーから切り取ったステーをカウルのオモテ面から穴開けて皿ビスとナットで固定してエポキシで固めてます。オモテ面に穴開きますがこちらもエポキシで埋めて再塗装します。

こちらは左アッパー。修理カウルとドナーカウル、後端が全て全滅してたので、アルミアングルに穴開けたものを、オモテ面からビスとエポキシ固定。ここはオリジナルの形状が全くわたくしの想像で作ってます(・∀・)たぶんタイラップ止めになる気がしますw

こちらはオモテ面

ビス痕は全て埋めて傷も直して再塗装しました

サイドカバーも仕上がり

仕上がりやご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

ホンダ NSR250R SE カウルの転倒傷修理 東村山市のお客様

こんにちは(゚∀゚≡゚∀゚)

東村山市のお客様からホンダNSR250R SEのサイドカウルをお預かりしました。

傷は大した事ないのですが、色が多い!!

とゆーか、ほぼステッカーなのですが。もちろん絶版。カウル全体を一旦クリア塗装してステッカーを封じ込めます(`・ω・´)で!

後は普通に補修。毎度の事ですがチカラワザです( ゚д゚ )

普通あまり無い箇所としてはグラデーション部分と蛍光部分ですねー。蛍光部分は普通のソリッド塗料では合わないので

蛍光パウダー+ウレタンクリアの混合で塗装。ここは問題無いですが、難しいのはグラデーション部分。よく見ると印刷ドットになってるんす( ´Д`)

オリジナルとは違ってしまいますが、スプレーガンでの色ボカシでそれっぽく作ります

紫・赤・赤の下地としてピンクを準備。ピンク→赤→紫の順でいい感じにボカシながら塗装していきます。最後にクリアで仕上がり

ホンダの文字もあちこち欠けてたので補修してます( ゚д゚ )ここは特にご依頼されてない部分ですが、こういう細かい部分をキチンとしておくと仕上がりが全然違って見えますので。

ご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

2020年8月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : catstraddle
› 続きを読む