タケチプロジェクト レーシングハート ホイールレストア 千葉県のお客様

こんにちは

こちらのホイール

千葉県のお客様からお持ち込み頂きました。写真では分かりませんがゴールドの上にブラックが塗られており、下地も状態あまりよくありません。こちらを当時物っぽく復活したいと思います。

剥離してプライマーとサフェーサー入れます

極力、ロゴを潰したり梨地を埋めたりしないように作業します。

下から出てきた色を参考にゴールドで塗装、クリアを入れます。あまりツヤツヤし過ぎないようにクリアのツヤは控えめ、と言っても塗り方でどうにかなるもんでもないので、クリアに艶消し剤を少々混ぜてます。

あとはマスキング剥がして仕上がりですが

こちらのリム、ちょっとくすんで来てますのでついでに軽く磨いておきます

これだけでもずいぶん印象が違ってきますね

仕上がりやご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

ワークマイスター S1 3P 腐食再塗装とリム修正 東京都のお客様

こんにちは(゚∀゚≡゚∀゚)

東京都のお客様からホイールをお預かりしました。細かくご指示を頂き感謝致します。

3ピースのディスクはあちこちに腐食の塗装浮きがあり、リムも外周を中心にクリア剥がれ一歩手前です( ´Д`)

まずはディスクから。リムにキズを付けないようビッチリマスキング。カラフルな見た目ですが遊んでいるわけではありません(`・ω・´)3ピースのリムとディスクの境目にクリアランスがほぼ無いため、マスキングがかなりシビアでして( ´Д`)テープによって張りや厚みなど特徴が違いますので使い分けし、なんとか区切り成功。

リムのクリアにダメージが有ると良くないので、剥離剤は使えません。腐食している塗装浮きを1個ずつ潰していきます。微妙な膨らみなので見落としやすいですが

塗装前に入れるサフェーサーで見落とし箇所もはっきり見えてくるので、1つ残らず徹底的に潰します。具体的には粗めのペーパーで腐食箇所のアルミ地が出て腐食が無くなるまでゴリゴリ削り落とします。腐食で開いた穴にパテ入れたりしても解決しません、ひたすらゴリゴリ。

腐食してるところをギュッ!と押したら腐食がビュルッ!と飛び出してくれると楽なんですが。ニキビみたいに。そんなわけ無いのでひたすら削り落とします。

サフェーサー入れて塗装

残りはリムのみ。クリアが剥がれる兆候が出ておりますので、リム最上段のみ研磨します。回転研磨マッシーンにセット

仕上がりやご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

ドゥカティ900SL カウル割れと欠けの補修 横浜市のお客様

こんにちは

こちらのドゥカティ900SLのカウル割れ補修をご依頼頂きました

LINE画像より抜粋。LINEだけでも概算のお見積もりをお出しできます、便利な世の中になったもんだ

余談ですが・・こう言った補修、ご依頼頂く車種としては中型大型の絶版車と、ドゥカティやMVアグスタなどの高級外車のお客様がほとんどです。部品の出る現行車にはお勧めしません。多少なりとも強度は落ちるし、補強などの跡も残るためです。新品カウルよりは修理の方がナンボかお安いかも知れませんが、長く乗る事を考えたら新品に勝るものはありません。

ドゥカティやMVアグスタはカウル自体がものすごーく高い場合があるので補修もアリだとは思いますが、どの位かって言うとピンキリですが、カウルによっては250ccのバイク新車くらいする物も

工程としましては、割れ部品のバリ取り→位置決め→補強→成形→塗装と言った感じでございます。

ドゥカティは純正カラーが手に入りませんので、わたくしオリジナルの目測調色です(; ・`д・´) 写真では分からないレベルの僅かな違いが出ますがご了承ください。

仕上がりやご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

レイズTE37レストアとリペイント

こんにちは

レイズTE37のレストアとリペイントを行いました。作業前はこんな感じ。

遠目では分かりにくいですが、どちらもリペイント品です。ホワイト塗装の下はオリジナルのシルバー、ブラック塗装の下からはホワイト、その下からはオリジナルのブロンズが出てきました

曲がりなど無いのは幸いですが、もちろんこのまま塗っても綺麗にはなりません。特にホワイトの方は塗装がペリペリと剥がれてきます

恐らく何の処理もされず直塗りされてますね、一見問題なさそうに仕上がりますが、長持ちはしません。なんとなくくっついている?くらいのレベル。酷いものになると汚れすら落とさず塗装されたものも見た事あります。

そう!!ホイールの塗装って、塗装の工程より下処理の方がずっと手間と時間がかかるのです。だからといって下処理無しではこのような有り様になってしまいます。

でもどんな事でもだいたいそうですよね!大きな事は小さな事の積み重ね!試験勉強とかでも、1日で終わる試験のためにずっと前から何週間何ヶ月勉強しないといけないし、何もせず試験受けても受かる訳はありません!!

え?

何を言ってるのか意味が分からない?
僕もです!!

そんなこんなで作業開始、作業途中の元白ホイールはこちら

勿論下処理は丁寧に、そしてクリアまで仕上がり

色は事前にサンプル作って打ち合わせ済みです、ここで仕上がりではございません!

ここからお客様が持ち込んだステッカーを、お客様と一緒に位置など確認しながら貼り付けます

貼り付け前に最初入れたクリアを細かいペーパーで研いでおきました、ここからさらにシール用にプライマーとクリアを入れて仕上がります。

例によって写真はありませんけど!

仕上がりやご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)