ホンダ CBR1000RR 社外カウルの転倒キズ・欠け修理 小田原市のお客様

こんにちは、応援お願いします
(゚∀゚≡゚∀゚)

小田原市のお客様からCBR1000RRの社外カウルをお預かり

なかなかの状態ですね( ̄∀ ̄;)穴あき・削れ多数。

これに関してはちょっと問題点がいくつか

●社外カウルのため、塗装色が不明。わたくしが調色して塗装する事にしました。

●色が4色使われており、一度に下塗りしてしまうとどこでマスキングしてライン作ったら良いか分からなくなります。どこで区切るかヒントを残しながら作業する必要があります。

●色の境目が欠損している箇所については、わたくしの勘で区切りを付けます( ̄∀ ̄;)

アッパー・アンダーともに裏の補強からスタート、オモテはパテで成形します。

下塗りは白、境目を全部消さないように一色ずつ塗装して都度都度でクリアもいれます(`・ω・́)ゝ白・赤・黒はわたくしが調色しましたが、青はホンダ純正のリアルブルーが調子良かったのでそのまま使用。NSRのロスマンズとかに使われてる色ですね(・∀・)

何回塗装した事でしょう(*´Д`*)お客様には長めに「一か月くらい掛かりますよー」とお伝えしておりましたが、ホントに一か月掛かってしまいました。FRPやらパテやら塗料やらの硬化待ちが大変多いので。

仕上がりはこちらです。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

MVアグスタ F4 カウル割れ補修 宮崎県のお客様

こんにちは、応援お願いします
(゚∀゚≡゚∀゚)

宮崎のお客様からカウルをお送り頂きました

アッパーとテールです、アッパーのライト上下は頼りない位細いので、転倒するとよく割れてしまうようです( ̄∀ ̄;)そしてテール、割れがモトコルセのロゴを直撃してますのでこれは剥がさないとなりませんけど、MVアグスタのロゴはクリア封入でなんとか残せそうです。

補強を入れて、パテで成形、塗装していきます。

テールは、シートが邪魔なので外しましょう(`・ω・´)

仕上がりはこちら

ところが後日、思いがけないトラブル(`;ω;´)

社外スクリーンを付けたところ、アッパーのライト上が再び割れてしまったそうです・・。ショック( ´Д`)

今度は社外スクリーンも一緒にお送り頂いたところ、普通に取り付けるとライト上の割れた部分に2ミリほど隙間が出来ます。どうやらスクリーンのチリが微妙に合っておらず、カウルに余計な力がかかっているようです( ̄∀ ̄;)

恐らく純正状態であれば問題ないと思われるのですが、補修で強度が落ちているところにチリの合っていないスクリーンをねじ止めすると、カウルが歪んで修理箇所に力がかかってしまいバキッとなってしまう模様・・

というわけで、今回はスクリーン装着状態で位置決め。オモテ面もギリまで削って、いつもは裏面にしか入れないガラスクロスの補強を両面に入れました。スクリーン装着状態でご返送し、「無事届きました!」とお客様からご連絡を頂き一安心。良かった〜(・∀・)

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

MVアグスタ F3 800 AGO カウルの修理 青梅市のお客様

こんにちは、応援お願いします。
(゚∀゚≡゚∀゚)

MVアグスタのカウルをお預かりしました

アッパー・サイド・ミラーの3点です。割れはないようですね。

最近、MVアグスタやドゥカティなどのお問い合わせが増えた気がします( ・ω・)なんででしょ??おそらく、高級バイクほど新品カウルの値段が高いからと思われます。ウチは国産スクーターから高級イタリアンスポーツまで、基本的にはカウルの修理代変わりませんので。部品の大きさや塗る色の数で多少は前後しますけども。逆に、原付などは新品のが安かったります。

さて、そんなわけでMVアグスタ。鮮やかな発色のため、まず下塗りは白。

クリア封入ステッカーがあったり、3色使われていたりとなかなか時間のかかる作業となります。ウチの修理の方針としましては

①ステッカーはなるべく生かす!

傷からだいたい5センチほど離れてればなんとかなる場合が多いです(・ε・)/色はボカして、クリア塗装の際は上からプライマー吹いてクリア封入してしまいます。

②国産車は純正色を使用。

社外カウルや外国車はこの限りではありません。わたくしが調色致します(`・ω・́)ゝ

③見た目より、強度・耐久性を重視します。

そんなこんなで出来上がりました。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

ホンダ NSR250R SP ロスマンズのカウル修理 川崎市のお客様

こんにちは、応援お願いします
アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ

川崎市のお客様より、ホンダNSR250R SPのカウル割れ修理をご依頼頂きました( ・ω・)30年前の部品としては状態は良い方と思いますが、あちこちに割れ・キズ・欠けなどがございます。ステッカー類も欠品ですので、大きなものとお客様が気になる部分を中心に直していきます。全て完璧に直そうとすると、ステッカー全部剥がしてオールペンになってしまいますからね( ̄∀ ̄;)

お客様と打ち合わせしながら、キズや割れをテープでマークしていきます。

ステッカーにできたキズは、一旦プライマーとクリアを入れてそこからパテやらサフェーサーやらを使って塗装で直します(`・ω・´)かなりざっくりした修理になってしまいますので多少アラが出てしまいますけども。

1色ずつ塗ったら乾燥させてマスキング、裏に補強も入れてます。

当店は初めてお客様でしたけども、お聞きしたところ別のお店でとんでもない値段の見積もり(いわゆる、お断り価格的)だったらしいです(´・ω・`)。たしかウチの5倍ほど。

塗装まで完了!

イエロー部分はわたくしの調色ですが、上手くいったようです(・∀・)

リアルブルーはわたくしが調色した塗料がイマイチだったので、挫折して純正カラーをお取り寄せしてしまいました( ̄∀ ̄;)

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ
( ・ω・)

スズキ GSX1100S KATANA SE(赤銀)のカウル割れ修理 横須賀市のお客様

こんにちは、応援お願いします
アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ

横須賀市のお客様より、いわゆる赤銀刀のアッパーカウル割れ修理のご依頼を頂きました( ・ω・)

元の状態はこんな感じです。

ウインカー取り付け部に大穴が( ̄∀ ̄;)ここの補修多いですねー、なんでも倒してしまうとすると必ずと言ってやっちゃう部分だそうでして・・。

補修しにくい形状なのですが、今後は対策としてウインカー移設するそうなので

埋めてしまいます。

塗装の上を何回かに分けてマスキングして

純正カラーで塗装。塗装の乾き待ちがありますのでそれなり日数かかってしまいました( ̄∀ ̄;)

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ
( ・ω・)

カワサキ ZZ-1100 アッパーカウル割れ修理

こんにちは、応援お願いします
アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ

わたくしの持病悪化により、しばらくブログ更新が滞ってしまいました 事をお許しください(´・ω・`)持病かなにかって言いますと・・ブログサボり病ですw不治の病ですねこりゃ。ネタはたくさんあるのですけども。戸を切り直して、いや気を取り直して書いていきましょう(`・ω・´)here we Gooooo!

そんなわけで、ZZ-R1100のアッパーカウル。

色々と・・足りません( ̄∀ ̄;)

盛ります

盛ります

削ります。そして盛ります。

数え切れないほどウインカーをフィッティングしたのち(*´-ω-`)塗装を致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ
( ・ω・)

ヤマハTDM850 サイドカウル(シュラウド)の傷修理

こんにちは、応援お願いします
アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ

ヤマハTDM850のシュラウドをお預かり( ・ω・)

割れなどは無いのですが擦り傷が付いてしまってします。損傷箇所はTDMのステッカー、シルバーのラインステッカー、そしてゴールド部分のカウル地です( ´Д`)ひとつ問題がありまして、シルバーのステッカーが絶版らしいんです。

そこで今回、かなりムリやりな直し方を致します!(`・ω・́)ゝ

一旦、プライマーとクリアで全塗装してしまってからその上にパテ乗っけて傷治します!ステッカーの上に直でパテ乗せるわけにはいきませんからね。

ゴールド部分は純正カラー( ゚д゚ )シルバーはわたくしの調色したシルバーです。シュラウド横の小さなステッカーは純正のまんまですが違和感ないですね。アルミホイールの修理やらでシルバーメタリックの調色はしょっちゅうやってますので(・∀・)

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ
( ・ω・)

カワサキ ZZ-R400 カウルの割れと傷の修理 横浜市のお客様

こんにちは、応援お願いします
アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ

横浜市からカワサキZZ-R400のカウルをお持ち込み頂きました(=゚ω゚)ノ

サイドとアッパーの計3点です。見えにくいヒビの他の、小傷が多数( ´Д`)そして全面にタッチペンの跡。雑なタッチペンかと思いきや、Zの文字ロゴは妙に丁寧に作られてます。最初気づきませんでした。こちらは剥がしてしまいます。

中古車で購入されたそうです、最近のバイクはこういう熱い4気筒車は少なくなってしまいましたね (´・ω・`)ちなみにわたくしも10年以上前に初期K型のZZ-R400乗っておりました。「重いし大して速くないんだろなー」という勝手な予想は、アクセル半開くらいで打ち砕かれました( ´Д`)250オフロード乗り換えだったわたくし、400ccってこんなに速いの!?と衝撃的でした。

後にzx-12rへ乗り換えてしまうわけですけども、ZZ-R400からの乗り換えですとほぼ違和感ナシでスンナリ乗れました。思い出の名車でございます (´・ω・`)

なんて思い出を語っているうちに、ヒビもキズも直してサフェーサーまで終了。

ほぼオールペンですね・・

国産ですと純正カラーが出回ってますので、調色の必要はほぼありません(・∀・)便利な世の中

あまり染まりの良い色ではないので焦らず慎重に塗装していきます。クリア入れて完成

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ
( ・ω・)

ホンダ CBR954RR カウルの割れと傷修理 横浜市のお客様

こんにちは、応援お願いします
アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ

横浜市より、ホンダCBR954RRのカウルをお持ち込み頂きました(・∀・)

こんな色あるんですねー、カストロールホンダドリームRTカラーのレプリカだそう(; ・`д・´) 小傷や割れがあちこちにあるのですが、ステッカーが沢山ある関係上「ステッカー剥がして直す場所」「ステッカー剥がさず直す場所」「タッチアップのみの場所」などを細かくお打ち合わせさせて頂きました。

その中でもメインとなるのは

こちらの右カウルの傷と大穴。アンダーのステッカー類は剥がさせて頂く事になりました。そして

こちらのテールカウルの3色に跨る傷!こちらはracingの文字を極力残して欲しいとのご要望。ここが一番難しいかもしれません( ̄∀ ̄;)色も純正ではないのでイチから作っていきます。

他の作業と並行しながらですが、2週間ほどかかりました。仕上がりはこちら

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ
( ・ω・)

スズキGSX-R1000クレバーウルフのカウル割れ修理

こんにちは、応援お願いします
アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ

スズキGSX-R1000のカウリングをお預かり(・∀・)純正と思いきや、社外品。クレバーウルフというメーカーさんのものになります。

欠けてたり削れてたりとなかなか手強そうな( ´Д`)カラーもワンオフなので作らなければなりません。まずは補強から

裏面にはFRPを貼って行きまして、欠損した箇所も作っていきます (*´∀`)大まかな手順はFRP→パテ→サフェーサー→塗装という流れ。FRPで強度を出し、パテで大まかな形を作り、サフェーサーでごく小さなパテ跡や歪みを無くすという役割です。 (´・ω・`)コレが終わって初めて塗装に入れます。

仕上がりはこんな感じに

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ
( ・ω・)