スズキ RGV250γSP VJ23A カウルの傷修理 東村山市のお客様

こんにちは(゚∀゚≡゚∀゚)

スズキ RGV250γSPのカウルをお預かりしました

このモデル、そしてこのカラー。わたくし大好きです(*´∀`*)ギリギリ新車買えた世代ですが、わたくしには手が届きませんでした(`;ω;´)そらそうです当時16歳とかなので。しかしカウルだけでもカッコイイのでテンション上がります。

当然部品は無いでしょうし、もしあっても幾らする事やらという感じですね。そんな訳で修理です。ステッカー類でグラデーションなどの部分は直りませんが、単色の箇所は極力ステッカーの色を再現して塗装します(=゚ω゚)ノ

オーナー様からお喜びのご報告を頂きました(`・ω・´)

仕上がりやご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

ドゥカティ900SL カウル割れと欠けの補修 横浜市のお客様

こんにちは(゚∀゚≡゚∀゚)

こちらのドゥカティ900SLのカウル割れ補修をご依頼頂きました( ・ω・)

LINE画像より抜粋。LINEだけでも概算のお見積もりをお出しできます、便利な世の中になったもんだwヽ(´∇`)ノ

余談ですが・・こう言った補修、ご依頼頂く車種としては中型大型の絶版車と、ドゥカティやMVアグスタなどの高級外車のお客様がほとんどです。部品の出る現行車にはお勧めしません。多少なりとも強度は落ちるし、補強などの跡も残るためです。新品カウルよりは修理の方がナンボかお安いかも知れませんが、長く乗る事を考えたら新品に勝るものはありません。

ドゥカティやMVアグスタはカウル自体がものすごーく高い場合があるので補修もアリだとは思いますが( ´Д`)どの位かって言うとピンキリですが、カウルによっては250ccのバイク新車くらいする物も💧

工程としましては、割れ部品のバリ取り→位置決め→補強→成形→塗装と言った感じでございます。

ドゥカティは純正カラーが手に入りませんので、わたくしオリジナルの目測調色です(; ・`д・´) 写真では分からないレベルの僅かな違いが出ますがご了承ください。

仕上がりやご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

MVアグスタF4 アッパーカウル傷の修理 兵庫県神戸市のお客様

こんにちは、応援お願いします
(゚∀゚≡゚∀゚)

いきなりですが、施工途中の画像です(*´Д`*)傷直してサフェーサー吹いて上塗りする直前ですね。

MVアグスタの純正赤は手に入りませんので、わたくしが調色したオリジナル赤を使用します(=゚ω゚)ノ

サフェーサーの隠蔽のためと、赤色がよく映えるよう、調色した赤にちょこっと白を混ぜてピンク色の下色を入れます(`・∀-´)ノ

赤とクリア塗装で仕上がりです

当店のバイクカウル修理の工賃は、車両や部品価格に関係なく、部品の大きさ・使われている色と数・割れや傷の程度によって決まります。

小排気量車やスクーター等は純正部品の方が安く済むケースが多いので、値段をお調べ下さる事をお勧めします。

それゆえ、当店で修理するケースの大半は大排気量車・輸入車・絶版車です。250スポーツからmotoGPレプリカまで、同じくらいの修理価格帯となっております。

仕上がりやご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

台風15号 強風の転倒 バイクのカウル割れ修理その2 カワサキ ZX-12R

こんにちは、応援お願いします
(゚∀゚≡゚∀゚)

BMW F650GSに続き、令和元年15号台風による転倒傷の修理です。今回お持ち込み頂いたのはカワサキZX-12R。

B型のライムグリーンです、サイドカウルの繋ぎ目を中心とした破損です。

下半分にも穴が( ´Д`)これはたぶん台風関係ないやつですね。

アッパーとの繋ぎ目の欠損パーツが少しありましたので、接着剤で位置決めしつつ補強を入れていきます。欠損パーツはカケラであっても有れば有るほど良いですので捨てずに保管下さい( ・ω・)

下地が出来たら下塗りして、ライムグリーンの塗装

クリア入れて完成です(`・ω・´)

忘れておりましたが、アッパーもあったんでした。

こちらはステー部分とミラー取り付け部の割れでした。

仕上がりやご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

台風15号 強風の転倒 バイクのカウル割れ修理 BMW F650GS

こんにちは、応援お願いします
(゚∀゚≡゚∀゚)

新たな台風19号が接近しておりますけども、前回大きな被害を出した台風15号。わたくしのところは幸い被害ゼロでした。

駐車中の転倒によってカウル破損したお客様からご依頼を頂きました。BMWのF650GSです。

フロントフェンダーと、そこを固定するサイドのシュラウドの破損です。境目に大ダメージ。部品の破片も一部無いため、作らなければなりません。

見えない部分なのでチリとビス穴の精度・強度が有ればOKなのですが、オリジナルにある合わせ面の段付きなども再現しようと頑張ってみました(`・ω・́)ゝミニサンダーやらリューターでちまちま削っていきます。

赤丸の部分です。・・結果は・・50点くらいでしょうか。平らな面をキープしつつ微妙な段差を付けるのが難しい( ̄∀ ̄;)まぁ見えませんけども。

色はバッチリですねー、F650GSのイエローなんて手に入るはずもなく、わたくしのオリジナルですけども。

写真に写っている部品の中央あたりからボカシてますので、左半分はほぼオリジナルカラーをキープしております。

フェンダーも完成。

環境の関係で変な色に見えてますなw

ちゃんと仕上がっておりますので大丈夫ですよー。裏には補強も入れております。

仕上がりやご予算により最良の方法をご提案致します。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

ホンダ CBR1000F カウル割れの補修とニコイチ

こんにちは、応援お願いします
(゚∀゚≡゚∀゚)

CBR1000Fのカウルをお預かり

白がお客様のバイクのものなのですが、割れ欠け多数( ´Д`)一緒に持ち込まれたヤフオクの黒カウルから部品を切った貼ったでニコイチに致します

デカイ物としては左前の取り付け部。同時に欠けた箇所もFRPやらパテやらで作っていきます。

なんとなくカタチになってきました

ステッカーのラインも、上からプライマーとクリア吹いてその上から更に塗装。チカラワザですw

跡形も無かったステー類もそれっぽく作りますが、この辺の取り付けはオリジナルのビスでは難しいかもしれません(・∀・)最悪はタイラップ止めですね

サイドカウルの傷も直して、保安部品取り付けたら仕上がりです。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

ホンダ CBR1000RR 社外カウルの転倒キズ・欠け修理 小田原市のお客様

こんにちは、応援お願いします
(゚∀゚≡゚∀゚)

小田原市のお客様からCBR1000RRの社外カウルをお預かり

なかなかの状態ですね( ̄∀ ̄;)穴あき・削れ多数。

これに関してはちょっと問題点がいくつか

●社外カウルのため、塗装色が不明。わたくしが調色して塗装する事にしました。

●色が4色使われており、一度に下塗りしてしまうとどこでマスキングしてライン作ったら良いか分からなくなります。どこで区切るかヒントを残しながら作業する必要があります。

●色の境目が欠損している箇所については、わたくしの勘で区切りを付けます( ̄∀ ̄;)

アッパー・アンダーともに裏の補強からスタート、オモテはパテで成形します。

下塗りは白、境目を全部消さないように一色ずつ塗装して都度都度でクリアもいれます(`・ω・́)ゝ白・赤・黒はわたくしが調色しましたが、青はホンダ純正のリアルブルーが調子良かったのでそのまま使用。NSRのロスマンズとかに使われてる色ですね(・∀・)

何回塗装した事でしょう(*´Д`*)お客様には長めに「一か月くらい掛かりますよー」とお伝えしておりましたが、ホントに一か月掛かってしまいました。FRPやらパテやら塗料やらの硬化待ちが大変多いので。

仕上がりはこちらです。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

MVアグスタ F4 カウル割れ補修 宮崎県のお客様

こんにちは、応援お願いします
(゚∀゚≡゚∀゚)

宮崎のお客様からカウルをお送り頂きました

アッパーとテールです、アッパーのライト上下は頼りない位細いので、転倒するとよく割れてしまうようです( ̄∀ ̄;)そしてテール、割れがモトコルセのロゴを直撃してますのでこれは剥がさないとなりませんけど、MVアグスタのロゴはクリア封入でなんとか残せそうです。

補強を入れて、パテで成形、塗装していきます。

テールは、シートが邪魔なので外しましょう(`・ω・´)

仕上がりはこちら

ところが後日、思いがけないトラブル(`;ω;´)

社外スクリーンを付けたところ、アッパーのライト上が再び割れてしまったそうです・・。ショック( ´Д`)

今度は社外スクリーンも一緒にお送り頂いたところ、普通に取り付けるとライト上の割れた部分に2ミリほど隙間が出来ます。どうやらスクリーンのチリが微妙に合っておらず、カウルに余計な力がかかっているようです( ̄∀ ̄;)

恐らく純正状態であれば問題ないと思われるのですが、補修で強度が落ちているところにチリの合っていないスクリーンをねじ止めすると、カウルが歪んで修理箇所に力がかかってしまいバキッとなってしまう模様・・

というわけで、今回はスクリーン装着状態で位置決め。オモテ面もギリまで削って、いつもは裏面にしか入れないガラスクロスの補強を両面に入れました。スクリーン装着状態でご返送し、「無事届きました!」とお客様からご連絡を頂き一安心。良かった〜(・∀・)

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

MVアグスタ F3 800 AGO カウルの修理 青梅市のお客様

こんにちは、応援お願いします。
(゚∀゚≡゚∀゚)

MVアグスタのカウルをお預かりしました

アッパー・サイド・ミラーの3点です。割れはないようですね。

最近、MVアグスタやドゥカティなどのお問い合わせが増えた気がします( ・ω・)なんででしょ??おそらく、高級バイクほど新品カウルの値段が高いからと思われます。ウチは国産スクーターから高級イタリアンスポーツまで、基本的にはカウルの修理代変わりませんので。部品の大きさや塗る色の数で多少は前後しますけども。逆に、原付などは新品のが安かったります。

さて、そんなわけでMVアグスタ。鮮やかな発色のため、まず下塗りは白。

クリア封入ステッカーがあったり、3色使われていたりとなかなか時間のかかる作業となります。ウチの修理の方針としましては

①ステッカーはなるべく生かす!

傷からだいたい5センチほど離れてればなんとかなる場合が多いです(・ε・)/色はボカして、クリア塗装の際は上からプライマー吹いてクリア封入してしまいます。

②国産車は純正色を使用。

社外カウルや外国車はこの限りではありません。わたくしが調色致します(`・ω・́)ゝ

③見た目より、強度・耐久性を重視します。

そんなこんなで出来上がりました。

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ。ご不明な点がございましたらお問い合わせページより、お電話・GMAIL・LINEにてお問い合わせください
( ・ω・)

ホンダ NSR250R SP ロスマンズのカウル修理 川崎市のお客様

こんにちは、応援お願いします
アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ

川崎市のお客様より、ホンダNSR250R SPのカウル割れ修理をご依頼頂きました( ・ω・)30年前の部品としては状態は良い方と思いますが、あちこちに割れ・キズ・欠けなどがございます。ステッカー類も欠品ですので、大きなものとお客様が気になる部分を中心に直していきます。全て完璧に直そうとすると、ステッカー全部剥がしてオールペンになってしまいますからね( ̄∀ ̄;)

お客様と打ち合わせしながら、キズや割れをテープでマークしていきます。

ステッカーにできたキズは、一旦プライマーとクリアを入れてそこからパテやらサフェーサーやらを使って塗装で直します(`・ω・´)かなりざっくりした修理になってしまいますので多少アラが出てしまいますけども。

1色ずつ塗ったら乾燥させてマスキング、裏に補強も入れてます。

当店は初めてお客様でしたけども、お聞きしたところ別のお店でとんでもない値段の見積もり(いわゆる、お断り価格的)だったらしいです(´・ω・`)。たしかウチの5倍ほど。

塗装まで完了!

イエロー部分はわたくしの調色ですが、上手くいったようです(・∀・)

リアルブルーはわたくしが調色した塗料がイマイチだったので、挫折して純正カラーをお取り寄せしてしまいました( ̄∀ ̄;)

リペアについての詳細は、ホームページをご覧くださいませ
( ・ω・)