ZX-12R SJ4000取り付け

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツーリング後、12Rちゃんをメンテナンス
( ・ω・)
とゆーか
10年ほど前、フォークスプリングをにりんかん座間店にて発注した際
ここで付けられるかを聞いた、メカニックに「取り付けできますよ」と言われて作業依頼したら
待つ事6時間後!
ろくじかんご!!!!
「特殊工具が必要みたいで付けられません・・」
( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )
大人なのだからここでキレてはいけないとタバコを死ぬほど吸って帰路に付き
ふと気づくと直進してるのにハンドルが死ぬほど曲がってる=フォークねじれてる。作業ミス
わたくし烈火のごとくキレ散らかし・・

ああ、思い出すだけで腹立ってきた。ですのでこの後の出来事は省略しますが( ゚д゚ )ここには任せられないと自分である程度フォーク捻れは直したのですが、微妙にフォークねじれたまま10年経過してまして
時間が出来たのでネットでググった方法を試してみます
(=゚ω゚)
結論から言うと
あっさり直りました( ̄∀ ̄;)
まずは
・トリプルツリーのステムボルト
・フォークのアッパーボルト
・フェンダーのボルト
・アクスルシャフト
を緩めます。12Rの場合、ステムボルトは12ミリのヘキサゴンで車のホイール並みのトルクで締まってますので鉄パイプ延長して緩め
全体重かけてフォークをストローク。各部締め直して終了(*´∀`*)これだけ。二度とにりんかん座間店にはいくもんか
で。ついでに先日試着したSJ4000の実走テストをしました
(`・ω・´)
走行するとこんな感じ

なんかスクリーンの余白部分ばっかりで、あんまり写りが良くない (´・ω・`)
MRAのスクリーンなんですけど、黒いフチドリがデカめなんですよね・・オールクリアにできないもんかと
外してシンナーで拭いてみると

イケるじゃん!!シンナーで余白の塗料を拭き取り
いつもはヘッドライト磨いてるポリッシャーで磨き、

オマケでコーティングして完成

なんだか、余り綺麗でないメーター裏まで見えてますけど(´・ω・`)SJ4000を取り付けると

これならいいのが撮れそう
(*´Д`*)
ちょっと下向きにすると

メーターが映り、臨場感あって良さげです(*´∀`*)ソロでどっかいってこよーかなっと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)